menu

関西棋院支部規定

第1章
 総 則 
第1条 
  • 関西棋院支部(以下支部という)は、関西棋院(以下本院という)の発展と囲碁の普及に貢献すると共に、会員相互の棋力向上と親睦を図ることを目的とする。
  • 第2章
    構成と設立
    第2条 
  • 支部は、3名以上の「関西棋院個人会員」の所属をもって構成される。

  • 第3条 
  • 支部は、事務所を定め、支部長、幹事・会計の役員を置く。

  • 第4条 
  • 支部は設立に際して次の書類及び費用を添えて本院に申込み、本院の承認を得る。
    1. 支部認可申請書(申請支部名・役員名簿及び支部所属会員名簿に記入)
    2. 支部年会費
    第5条 
  • 支部認可決定と同時に、本院より「支部認可証」を送付する。
  • 第3章
    事 業
    第6条 
  • 支部は、本院と協力して支部活動を行う。

  • 第7条 
  • 支部は、第1条の目的を達成するために、囲碁大会の開催、段級位の確立、会員の棋力向上、初心者の開拓、会員の維持・増加 などの運動を行う。
  • 第4章
    特 典
    第8条 
  • 支部長は、四段以下の免状を申請することが出来る。また五段以上は本院所属棋士、公認インストラクターS級の認定を得て推薦することが出来る。

  • 第9条 
  • 支部推薦による免状は支部長の権限により、規定の免状料のほか、任意の推薦料を付加することを認め、これを支部運営費にあてることができる。

  • 第10条 
  • 支部には段免状特典を選んだ場合、年間(更新時から1年間)規定会員数に応じた免状料を無料とする。ただし翌年の繰り越しは出来ない。

  • 第11条 
  • 支部推薦により免状を申請する場合、無料・有料に関わらず、規定の「梱包・送料」を本院に支払う。

  • 第12条
    1. 支部は、棋士派遣特典を選んだ場合、別に定める「関西棋院公認支部に対する棋士派遣規定」により、本院棋士の派遣を要請することが出来る。
    2. 規定会員数に応じて本院より棋士の無料派遣を実施する。ただし派遣に際しての交通費・宿泊費は実費として棋士に支払うものとする。
    第13条 
  • 支部の希望により、規定会員数に応じて級免状及び賞状を贈呈する。
  • 第5章
    義 務
    第14条 
  • 支部長は、支部運営に関する一切の責任を持つ。

  • 第15条 
  • 支部は、第2条に定める会員を常時維持しなければならない。

  • 第16条 
  • 支部は年会費として、3名コースならば10,000円、8名コースならば50,000円を前納しなければならない。
    ただし事情により、8名コースならば分割払いも認める。(月額4,500円) ※計年会費は54,000円となる。

  • 第17条 
  • 支部は前条までの義務を怠った場合は、特典を利用できない。さらに1年以上義務を怠った場合認可を取消すこともある。

  • 第18条 
  • 支部はその所在地又は役員・会員の異動があった場合、本院にその旨の連絡を行わなければならない。

  • 第19条 
  • 支部を解散する場合は、その旨を本院に届け出て承認を得ることを要する。その場合「支部認可証」は本院に返却しなければならない。


  • (付則)
    この規定は令和3年1月1日より実施する。
    ※ 囲碁用品及び書籍の割引購入については「関西棋院個人会員規約」第6条に準ずるものとする。

    

    ご案内

    • プロ棋戦
    • 棋士紹介
    • 囲碁ネット中継
    • プロの直接始動!指導碁
    • 囲碁文化継承基金
    • 入門講座
    • 会員専用コンテンツ
    • 囲碁大会・イベント
    • ユーチューブ